通崎睦美プロデュース ゆかたブランド METEYUNDE(メテユンデ)プロモーションサイト

メテユンデ
TOP About Product Store Gallery Contact
 

メテユンデとは

「METEYUNDE」Produced by TSUUZAKI MUTSUMIは、通崎睦美がプロデュースするゆかたブランド。

メテユンデは、古来、馬手弓手(めてゆんで)と表記され、馬の手綱をとる右手と弓を握る左手をさした。右手・左手のことをいう。両手で形を作り上げるものの象徴としてロゴでは「あやとりの糸」をイメージ。右手と左手を交錯させながら、時には違う人の手を行き来しながら自由に形を変化させ常に新しい形を創り出すあやとり。右手と左手、過去と未来、人と人で織りなす色とカタチを表現している。

2003年に株式会社川島織物(現、株式会社川島織物セルコン)から発表。2008年から、J-Spiritがその運営を引き継いだ。

商品構成は、「通崎の収集する銘仙着物(1930〜1960年代)から復刻された図案」と「現代アーティストによる新作図案」からなる。
2008・2009年度新作は、現代アーティストの作品のみ。


通崎睦美とメテユンデ(文:谷本天志)
 

マリンバ奏者・通崎睦美が銘仙を中心としたアンティーク着物のコレクターとして業界の内外を問わず広く知られることとなったのは、その数によるのではなく、そのコレクションの質によって評価された結果であると言っていい。雑多な「古着」の中からセンスのいい稀少な柄を選び出す「目」。特に若い編集者、ライターからの信頼は厚く、数多くの若い女性向けの情報誌には頻繁に登場している。その通崎睦美ならではのカッティングエッジなゆかたとしてメテユンデは企画された。

メテユンデは大きく2つの構成要素_通崎睦美が所有する1930〜60年代の銘仙コレクションの中からの図案復刻ゆかた、そして現代美術の現場で活動するアーティストによる新作図案ゆかた_からなる。これらには時代を超えるデザインの共通性が見られ、長い時を経て日本のクリエイターの共演が実現したといっても過言ではない。

「通崎睦美がよいと思うモノ」という基準で、復刻する図案、参加するアーティストが選ばれた。自分の感覚だけを頼りに、時代を問わず並列させてしまうところにアンティークを愛し、同じように現代の作家達にも目をむける通崎のバランス感覚、日本のクリエイションへの信頼、センスが表れている。

通崎が選択したのはアンティーク着物図案の中でも特に当時のモダンアートの動向と呼応したと思われる作品群であり、現代美術家の選択においてもよほどその現場に興味を持っていなければ知ることのない作家達。まさに自身の目だけを信じての挑戦がここにある。

日本人は古来「洗練されたセンス」を持っていた。しかし、現在、西洋的文脈によって読み替えられた日本美術史、広く流布されたブランド神話によって多くの人はそのセンス失ってしまっている。日本人の洗練は「内容ではない、デザインである」という態度が確定したときに定まったとされている。日本人の底力は「どんなものでも,飾り方次第で立派に飾れる」というデザイン能力にあって、この見立ての能力こそが日本の美を底辺で支えていた。「飾るべき価値のある物」などという信仰に走ったとき日本人のセンスは最悪になってしまった。

着物業界でも現在は、古典という価値の定まったものの焼き直し、著名人のプロデューサー、どこそこのデザイナーという、他方面の権威へのぶら下がりばかりが目に付き、新たな着物ファン層の開拓をすべく挑戦は影を潜めている。その中で唯一若い着物ファンを集めているのがアンティーク着物市場。そこには時代を経てもなお伝わってくる制作者の挑戦がある。
この失われた「センスと挑戦」こそが、通崎がメテユンデに託したコンセプトなのではないだろうか。

通崎は昨年上梓したエッセイの中でも、骨董市で出会った端切れを軸に仕立てたエピソード等を紹介しているが、彼女の日常に無理なく同居しているデザイン能力・センスがメテユンデのプロジェクトでも遺憾なく発揮されている。

■谷本天志
1991年京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻過程修了。近年は、キャンバスの
枠にとらわれず、書籍の装幀、着物のデザイン、建築家とのコラボレーションや展覧
会の企画など、ジャンルを超えた活動をしている。 大阪成蹊大学芸術学部准教授。
 
メテユンデプロデュース:通崎睦美

1967年京都市生まれ。5才よりマリンバを始める。1992年京都市立芸術大学大学院音楽研究科修了。大学院賞受賞。91年のデビューコンサート以降、自身でコンサートをプロデュースし、毎回新しい試みに取り組んできた。常に作曲や編曲の委嘱を活発に行い、独自のレパートリーを開拓。ピアノ、ヴァイオリン、アコーディオン、箏、三絃を始めとする様々な楽器やダンスとのデュオ、マリンバ・トリオ、室内楽やオーケストラとの共演など、多様な形態で演奏活動を行っている。

また、2005年2月、東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会(指揮/井上道義)で、木琴の巨匠平岡養一氏が初演した紙恭輔「木琴協奏曲」(1944)を平岡氏の木琴で演奏したことがきっかけで、その木琴と500曲以上にのぼる楽譜やマレットを譲り受けた。以後、彼の軌跡をたどりながら、木琴の新たな可能性を探る活動も始める。2007年7月林光「木琴協奏曲〜夏の雲走る」初演。(下野竜也指揮、京都市交響楽団)。また9月には東京でのリサイタル「平岡養一生誕100年記念 通崎睦美リサイタル」(浜離宮朝日ホール)を開催、大成功を収めると共に、NHK-BS「クラシック倶楽部」で放送された。

CDに「MUTSUMI〜Songs from Asia」「M×PIAZZOLLA」「届くことのない12通の手紙」「1935」。

一方、2000年頃よりアンティーク着物の着こなしが話題となり、コレクションやライフスタイルが様々なメディアで紹介される。2007年12月にはテレビ朝日「徹子の部屋」に出演、そのコレクションと、木琴の演奏が話題となった。 2004年から2005年にかけて、アサヒビール大山崎山荘美術館、他各所にて、着物から現代美術までの多彩な「好み」を集めた「通崎睦美選展〜通崎好み」が開催された。2003年よりゆかたブランド「メテユンデ」のプロデュースも手がける。
著書に「天使突抜一丁目」「ソデカガミ〜銘仙着物コレクション」「通崎好み」。

 
 

(C) 2009 METEYUNDE / TSUUZAKI MUTSUMI, All Right Reserved.